2012年01月06日

ToWaveとFakeAacWav

2012冬アニメが始まるのに合わせてFakeAacWavを使ってみようと思いAvisynthテンプレを少し改変しました。
大まかな流れは、
1.ts -> d2v + aac
2. aac -> wav(FakeAacWav)
3. avs2wav -> wav切り出し
4. wav切り出し -> aac(FakeAacWavで偽装解除)
でmp4boxで動画ファイルと結合して終わりです。

tsエンコードでは付き纏う「音ずれ」問題ですが、結局のところ認識できるほどずれないので従来のToWaveでもFakeAacWavでも好きなほうでよさそうです。


20111028-ギルティクラウン#03_v06Hr1_cut.avs.png
ToWave使用


20111028-ギルティクラウン#03_v07H_cut.avs_Frame3375.png
FakeAacWav使用

ただし、FakeAacWav使用のほうは切り出したAACを標準のWave形式に変換した物を読み込んでます。

AviUtlで音声波形を見ると同じフレーム箇所で若干ズレがありますが、1フレームが約33.37msで波形のズレは約5ms前後かと思います。
60fpsのゲームで1フレームを視認して操作するような人は気になる世界かもしれませんが、視認できないわたしは気にしたら負けかなと思いました・・・。
posted by nyaanyaaa at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | Avisynth | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。